KEIKO’s Beauty Line collection Emerald 七分身像 1/4スケール クルシマ製作所 その3(完成)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KEIKO’s Beauty Line collection Emerald 七分身像 1/4スケール クルシマ製作所

エメラルド完成しました!
いままでと違い、ガレキに挑戦し、かつサフレス塗装だったので、慎重にすすめ時間がかかりましたが、
連休でなんとか仕上げることができました。
思い出せばワンフェス2015夏の18禁コーナーでふと目につき、衝動買いしたのが懐かしいです。

早速紹介します。

1000_RIMG2158.jpg

いつもの魔改造というわけではないので、まんまです。
いちおうマンスジはいれましたが、改造したのはそこだけで、あとはサフレスでがんばって塗装したと
いったところです。

同梱の見本の完成品写真にくらべると、目がやや外人ぽくなったところと、肌が少し薄めの色合いになったのがわかります。
といっても、光の加減で肌の色合いが変わるので、なんともいえないですね。

魔改造じゃないのでオークションに出そうか迷ってましたが、出しました!
需要があるかわかりませんが、どうなんだろう?

とはいえ、やることはしっかりやったつもりです。
レジンのパーティングラインを消し、型ずれをめげずに直し、その後レジンウォッシュで洗浄、
サフレスのためにメタルプライマーを吹き、クリア主体の塗料で薄く塗り重ね、下地を活かした塗装をしました。
途中納得がいかずボディーをドボンしたり、台座にプライマーがうまくのらずドボンしたり・・・
ガレキならではですが、おかげでドボンに抵抗がなくなりましたw
台座もサフレスでいく予定だったんですが、どうにもうまく塗装できなかったので、
色が白ということもあり、台座だけはホワイトのサフを吹いています。
そこにクリスタルカラーホワイトで塗り、そのうえでクリアの虹パールを混ぜて塗装しました。

目は修正がきくエナメル塗料でがんばって塗りました。
なかなかいいじゃん!と思って、ふと見本とくらべたら、あれ?少し外人っぽい~
となったのは完成間際の話ですw

エナメル塗料を使ってますが、コーティングはしっかりやってますので、色落ちの心配はありませんので、大丈夫です。

全体的にトップコートはつや消し6とクリア4くらいで混ぜて使っています。
写真ではややテカって見えますが、少しコンパウンドで磨いたのでそうなったと思います。
肌触りはざらつきもなく良好です。さわさわしてもらっても問題ありません。

乳首、装飾、台座、唇、瞳、爪はクリアでコートしています。

最後に、恒例の大量の写真を掲載して紹介を終えます。

1000_RIMG2163.jpg
1000_RIMG2164.jpg
1000_RIMG2165.jpg
1000_RIMG2166.jpg
1000_RIMG2167.jpg
1000_RIMG2168.jpg
1000_RIMG2169.jpg

1000_RIMG2170.jpg
1000_RIMG2171.jpg
1000_RIMG2173.jpg
1000_RIMG2172.jpg
1000_RIMG2177.jpg
1000_RIMG2178.jpg

1000_RIMG2174.jpg
1000_RIMG2179.jpg
1000_RIMG2181.jpg
1000_RIMG2180.jpg
1000_RIMG2187.jpg
1000_RIMG2189.jpg
1000_RIMG2191.jpg

今後もおっぱい見ていくために、patreonでご支援よろしくお願いしますm(_ _)m Please become a patron to see boobs in the future.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする